ご挨拶

本当にいつもありがとうございます。

オーナー海藤です。

「ありがとうございます。」

関わってくださる皆様に感謝をしております。

 

 カフェConayaは、2010年2月にOPENいたしました。

Conayaという屋号は、昔からの私の家の屋号です。昔、製粉業を営んでいたという話を聞いたことがあります。

 
 今は亡き養父と二人で長い時間を過ごした民家を自己DIYで少しずつ手を入れて使っています。
 2016年夏には、5年間直せずにいた震災で崩れた屋根も皆さんの温かいお気持ちをプラスさせていただき、3分の1を治すことが出来ました。
各地の農家の野菜市、マルシェの立ち上げのお手伝い、登校拒否をしている小学生や中学生の寺子屋として日曜日に勉強会を開催することもできました。東北震災、熊本震災チャリティバザー、放射能勉強会、避難者へのパンの作成、被災地へのケーキ作りや支援金集め等 皆さんのおかげで様々な事柄に関わって応援をさせていただいて来ました。
そしてこれからも。
支えてくださる皆様のお力をお借りして、 今までの様に様々な活動を通し、気軽に足を運んでいただける小さな村の様な場所として作り上げ、そして絆を作る場所として沢山の方に活用していただければ幸いです。


2010年から、もっと前からこの場所にどれだけの人々が集まってくださったのでしょう。 たくさんの人たちの出会いの場となってくださり本当に嬉しく思います。カフェとして場所をOPENにして良かったと思っています。 

たくさんの画像にはその時その時の想い出が、みんなの笑顔が詰まっています。